SSL化のテストと覚書[mixhost]

mixhost_thumbnail

さて、サーバを変えてからもうすぐ一年。
確定申告も終わったことだし、そろそろお店のページへのSSL可に取り掛からねば。

相変わらず快適な環境を提供頂いている、mixhost様に感謝しつつ、ヘルプセンターへ目を通すと、簡単そう。
ということで、まずはこのサイトをSSL可しつつ、作業をメモ。

ちなみにヘルプセンターを覗くと、同じようなタイトルのページが2つあるが、どちらも同じ内容に見えるので新しそうな方を参考に。

WordPressでの準備・作業

  1. WordPressがSSL可されているか確認
    https://www.example.comでアクセス可能かを確認。
  2. 管理画面にログイン後[設定 -> 一般]と進み、[WordPress アドレス(URL)]と[サイトアドレス (URL)]を、それぞれ[https://]から始まる様に変更して保存
    例)http://www.example.com/ → https://www.example.com/
  3. 管理画面へのアクセスがhttps://www.example.com/で可能な事を確認

とりあえずここまで。

プラグインを導入し、WordPress内部のhttpsへの置き換え

  1. プラグインの追加
    Really Simple SSLをインストールして有効化
  2. なにやら、色々と書かれているが、とりあえず実行してみる。
    ちなみにその時にでたメッセージは、本稿最後に記載する。
  3. ざっとサイトを見回して、エラーを確認。
    性格的に、超さらっとのみの確認で終了。

Really Simple SSL有効化後に出たメッセージ本文

SSL に移行する準備がほぼ完了しました。
一部の項目は自動実行できません。移行前に以下をご確認ください。
.css および .js ファイル内からの HTTP 参照: http:// をすべて // に変更してください
Images, stylesheets or scripts from a domain without an SSL certificate: remove them or move to your own server.
It is recommended to take a backup of your site before activating SSL
You can also let the automatic scan of the pro version handle this for you, and get premium support, increased security with HSTS and more! Check out Really Simple SSL Premium

Flush rewrite rules on activation (deselect when you encounter errors)

You may need to login in again.

Googeによる翻訳

SSL に移行する準備がほぼ完了しました。
一部の項目は自動実行できません。移行前に以下をご確認ください。
.css および .js ファイル内からの HTTP 参照: http:// をすべて // に変更してください
SSL証明書を持たないドメインの画像、スタイルシート、またはスクリプト:それらを削除するか、自分のサーバーに移動します。
SSLをアクティブ化する前にサイトのバックアップをとることをお勧めします
また、プロバージョンの自動スキャンでこれを処理し、プレミアムサポート、HSTSによるセキュリティ強化などを実現できます。本当にシンプルなSSL Premiumをチェックしてください

起動時に書き換えルールをフラッシュします(エラーが発生した場合は選択解除します)

もう一度ログインする必要があるかもしれません。

多分、まあ色々しといた方が良いが、プレミアムサービスも有るよって事と判断。

.htaccessを修正し、http://からhttps://へのリダイレクト

確認したら、リダイレクトされていたので、下記の内容を.htaccessから削除(2018/04/08追記)

ざっと見た限り、自動でリダイレクトされて居なさそうなので、以下を追記して全てのアクセスをhttps://へとリダイレクト

CAUTION:.htaccessの修正は、サイトに重大な影響を及ぼす必要があります。

  1. インストール済みのプラグイン[LiteSpeed Cache]から.htaccessの修正が行えたと思うので、ここから修正する事とする。
    ダッシュボード – LiteSpeed Cache – .htaccessを編集へ進み、最上部に以下を追記

------------------------------
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>
------------------------------

リダイレクトがおかしくなったら、同じ部分を確認

アナリティクスとSearch Consoleの設定の変更及び追加

そうそう、Really Simple SSLを実行後に、これも読んでねってなってたサイトに従い、アナリティクスとSearch Consoleの設定の変更なども忘れずに行う必要が有る。

アナリティクスの修正

  1. アナリティクスへとアクセスし、該当サイトの[プロパティ – デフォルトの URL]を[https://]へ変更。
  2. [ビュー – ビューの設定 – ウェブサイトの URL]を[https://]へ変更。

Search Consoleへのサイトの追加

Search Consoleへとアクセスし、右上の[プロパティを追加]の赤いボタンから、https://可したサイトを追加する。
Really Simple SSLのページによれば、この際にドメインの全ての亜種を登録しろと書いてあるので、

  • https://www.example.com/
  • https://example.com/

の2サイトを追加。

結果、管理画面には

  • http://example.com/(非SSL)
  • https://example.com/(SSL)
  • http://www.example.com/(非SSL)
  • https://www.example.com/(非SSL)

の4種類が並ぶ事になるが、これで良いのだろうか?
軽く検索をしたがわからないので、それぞれ、www.無しの管理画面へ進み、右上の(歯車)のアイコンから、[サイトの設定 – 使用するドメイン]が、[URL を www.example.com と表示]にチェックが入っている事を確認しておくに留める。
正解を知っている方は教えてください。

お仕舞い

この記事を書いた人

めがね 店長http://sm.mastersclub.jp/
SMマスターズクラブの店長めがねです。
こんなメモサイト、だれも見りゃしないだろうから書くほどの自己紹介は別に無いのですが、ある程度字数を稼いだほうが見栄えが良いかなと思ったしだいです。

めがね店長のお店はこちら

東京の鶯谷で1998年より営業している、会員制M女調教SMクラブです。
マスターズクラブは『主人(Master)』と『M女(Slave)』とが集い、同じSM趣味を持つ仲間として語り合い、共に密かな愉しみを共有できる。 最近の薄利多売・名前ばかりのSMクラブとは違う、本物のマニアの集う場所。 そんな場所として設立いたしました。 本物のM女を集め、初心者からマニアまでお楽しみいただけます。 羞恥に悶え淫らに変貌していく女性の痴態を十二分にご堪能ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください